第3回オンライン脳性まひ講演会(重要)

オリンピックも無観客ながら開催され、パンデミックの中で行うことに対する意見はいろいろあると思いますが、アスリートが懸命に競技する姿は感動を与えてくれますね。

ボバース記念病院では、患者さんとコミュニケーションをとる機会が減ったため、オンライン講演会を開催しております。8月2日から開催される第3回講演会の担当は、なんと私です!『脳性まひの整形外科治療において大切なタイミングを理解しよう!』という演題名でお話しさせていただきます。ボバース記念病院のホームページから申し込みが必要です。

日頃、小児整形外科の診療を行う中で、短い診察時間の中で、治療法の利点・欠点、得られる結果、リスクなどをきちんと伝えられなかったのではないかと不安に感じることも多いです。患者さんの中には、たくさんある情報からどう取捨選択すべきか悩まれる方も多いと思います。脳性まひは完治することが難しい病気ですから、治療の選択においても正解が一つではないことも多いです。今回の講演会が少しでも皆様の助けになればと考えております。

整形外科が担当の回だけ視聴率が低いとまずいので、冷やかしでいいので、ご参加お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です